カルティエのデザイナーについて

カルティエは、創業1847年からフランス・パリで王族御用達として名を馳せてきました。
現在に至るまで時代の先端を走り続けてきたトップブランドです。カルティエはジュエリーだけでなく、高級時計、バッグ、財布など多くの商品があります。
その中でもジュエリーと言えばトリニティ・リングが有名です。
トリニティリングは1924年、未来を見据えたルイ・カルティエのから生まれました。ジャン・コクトーがトリニティリングを自身の一部のように身につけ、彼のアイコンとして愛し続けられました。永遠の愛の証として今も多くの人に愛されているリングです。
愛のピンクゴールド、友情のホワイトゴールド、忠実のイエローゴールドの3連リングは神秘的な特別で存在感のあるリングです。
LOVEブレスレット、パンテールドゥカルティエ ブレスレットも人気があります。
時計ではタンク・ウォッチが有名です。パリの解放を記念し製作され、アイデンティティは変わることなくタンクソロウオッチ、タンクアングレーズウォッチと新たなデザインが次々と生み出されています。

アーティストとして時代の流れを読みながら新しいブランドを築いてきたデザイナーは、人々に喜びを与え続けてきました。
ジュエリーデザイナーにはフランスのシャルル・ジャコーが有名です。
シャルル・ジャコーの功績により、世界を代表するブランドになりました。アールデコ・ジュエリーのデザイナーとして鬼才とも言われ。独創的なデザインにより「ジュエリー・デザインのピカソ」とも呼ばれました。
もう一人フランスのジャンヌ·トゥーサンも忘れてはいけません。ジュエリーディレクターであり、ココ・シャネルやバレンシアガと交流がありました。彼女のキャリアはバッグデザインから始まり、ジャンヌ・トゥーサンと名付けられたバッグは歴史に残る功績でした。
「ジャンヌトゥーサン」コレクションはチェーンバッグやミニトートなど実用性と優美さを備えたラインナップで展開されました。
マルセル・ブーシェもデザイナーで有名な一人ですマルセル・ブーシェは、原型を作る職人でしたが、ピエール・カルティエが経営するニュヨークに派遣された後世界恐慌で解雇されました。
他にもジョルジョ・ブルガリ、ルネ・ピュイサンも有名です。

今後も様々なデザインで世界の最先端を走り続け、人々を楽しませてくれるでしょう。
永遠なる輝きはジュエリーだけでなく、時計やバッグもその存在感が人々を魅了し、その価値は衰えることなく愛され続けられることでしょう。